金利が低くて限度額高い銀行のカードローン

担保や保証人無しでまとまった融資を受けたいときは、
消費者金融のキャッシングより銀行のカードローンのほうが有利です。
それは銀行のカードローンのほうが利用限度額高いからです。

銀行カードローンが限度額が高い

しかし利用限度額高いといっても誰でも最高利用限度額で
利用できるわけじゃありません。
審査によって申込みされた人の信用力によって決まります。
信用力は年収や勤続年数など様々な項目で判断され、信用力が
高ければ高いほど利用限度額高いです。

信用力によって設定された利用限度額の範囲で繰り返し借入・返済ができます。
この枠内なら返済途中で追加で借入することが可能です。
追加で借入しても再審査を受ける必要はありません。
借りたお金は事業性資金を除いて自由に使えます。
銀行で提供されているフリーローンでも自由に使えるのですが、
カードローンのようにご利用限度額内で繰り返し利用することはできません。
カードローンは今は利用限度額が低くても、
遅延のない優良なご利用実績を積み重ねてから、増額申請ができます。

銀行カードローンは金利が低い

銀行のカードローンは金利が低いのも魅力です。
利息の負担は金利が低ければ低いほど減ります。
利息は日割り計算でご利用した日数分だけにつくので、
余裕のある範囲で早く返済したほうがお得です。

借入方法について

借入方法はオンラインバンキングだけじゃなく、提携ATMでも行えます。
提携ATMはコンビニも含まれているので、旅行や出張中に現金が
不足してしまっても安心です。
返済は口座からの自動引き落としに設定されておくと、
返済期日をうっかり忘れることがありません。
その代りに返済期日までに返済に必要な金額を入金しておいてください。
これを忘れてしまうと返済が確認できないと電話で連絡が来てしまいます。
この連絡を無視してしまうと遅延損害金を請求されたり、
新規借入ができなくなったり、利用限度額が減額されることがあります。
カードローンをご利用の際は、ホームページでご用意されている
返済シミュレーションを事前に行って無理のない計画を立ててください。

COPYRIGHT© 2014 安全なカードローンの選択方法 ALL RIGHTS RESERVED.